当サイトは大家自らが運営しています


3層タイプとは

3層タイプとはひとつのお部屋をアンダーロフト(天井高1400以下)中二階(天井高2200)ロフト(天井高1400以下)の3層の空間で構成したものです。もっとも高いところで天井高3600を実現しています。
そのため実際のお部屋の㎡数よりはるかに広く感じます。いえ、感じるだけでなく、よく見られるロフトなどは物置代わりになっていることもありますが、この「3層タイプ」はどの空間も生活スペースとして充分に利用できますのでたとえば36平米のお部屋でも50㎡近い空間と言ってもよいでしょう。
CCF20111122_00000.jpgのサムネール画像


 

3層タイプとはのトップへ戻る